【松本博樹さんから学ぶお仕事術】生活のすべてが仕事につながる発想の持ち方!第10回備後ブロガー会に参加してきました

スポンサーリンク



気が付けば、もう11月も終わり。

 

早いですね。

 

ブログを始めてから、あっという間に3ヶ月目が終わろうとしていることにハタと気が付いた はな@lhanacotonoha)です。

 

さて、先日(11月26日)、前々から楽しみにしていた第10回備後ブロガー会に参加してきました。

 

毎月1回開催されている備後ブロガー会も、今回で10回目とのこと。

 

いつも素敵な講師の方を呼んで下さる主催者のつぶあん(@ttsubuan)さんには、本当に感謝です。

 

いつもありがとうございます。

 

今回のお題は、「松本博樹さんにブログの悩みを相談しよう!」

今回の講師は、人気サイト「ノマド的節約術」や「OMIYA!」を運営されている、松本博樹(@peter0906)さん。

 

月間100万PVを誇る人気サイトなので、サイト運営やブログに興味のある方なら松本さんのお名前をご存知の方も多いと思います。

 

もちろん、ライターさんの間でも、松本さんが運営されているサイトは「記事を執筆してみたいサイト」としても必ず挙がっているそうです。

 

  • その人気サイトを運営する松本さんに会える!
  • さらに、ブログ運営のコツやアドバイスが直接聞ける!

 

となれば、参加しない理由はないですよね。

 

今回も募集参加人数6名と限定されていたので、松本さんを目の前にしてギュッと凝縮された濃いお話を聞くことができました。

 

松本さんのお仕事術①:起きてる時間はスキマ時間もフル稼働

松本さんのお仕事スタイルのお話を伺ってみると、時間を最大限に有効に使われているお仕事術の濃さにただただ驚きました。

 

おだやかで優しい雰囲気をお持ちの松本さんですが、松本さんのお仕事術はとにかくストイックなご様子。

 

たとえば、新幹線や飛行機の移動時間、待ち時間、いわゆるスキマ時間は、絶好のお仕事時間。

 

サイト運営のことはもちろん、記事も書いたり、ライターさんから納品された記事を校正したり、座ってパソコンが開ければできることなら何でもしてしまうそうです。

 

松本さん

歩いている時間でも、いつも仕事に繋がるネタを見つけてますよ。

とにかく、起きている限り仕事してます。

 

 

なんということでしょう!!

 

人気サイト「ノマド的節約術」の裏には、「スキマ的時間節約術」なるものが存在しているようで、とにかく松本さんの時間の使い方の概念に驚きました。

 

何かしら頭を使うとすぐに脳が悲鳴を上げる凡人のワタクシは、ふと、こんな質問をしてしまいました。

 

はな
起きてる間ずっとフル稼働していて、脳は疲れないんですか?

 

 

松本さん

ええ。

毎日ほぼ6時間はしっかり眠っているので、疲れませんよ(笑)

 

 

正直、「松本さんとは、もはや人間の域を超えている”超人”なんじゃなかろうか…」と思いました。

 

睡眠時間は平均8時間の、いたって凡人のワタクシには、ツイテイケナイ領域かもしれません。

 

松本さんのお仕事術②:生活すべてが仕事につながる発想

松本さんのサイトは、いつも日常生活のなかで、ふと「あれ? これ、どうなの??」と感じる疑問にとても近く寄り添っています。

 

サイトを拝見するたびに、「身近にあるネタをフォーカスする着眼点が、すごくおもしろいなぁ」と感じていました。

 

ブログを書き続けるためには、ネタは不可欠。

 

でも、毎日ドラマのように事件が起こるわけではないし、どうしてもブログのネタが見つからない時だってあります。

 

そこで、ネタ探しの着眼ポイントについて質問してみました。

 

はな
「これ、ネタになる!」って感じることのボーダーってあります?

 

松本さん

生活のぜんぶが、ネタになりますよ。

日常生活の中で自分で疑問に感じたことは、他の人も疑問に感じてるかもしれないでしょ。

それに、記事にしておくと、自分の忘備録にもなるし…。

 

自分用の忘備録。

 

そっか。

 

たしかに、「自分用に」って書くブログは、余計な力を入れずに書き進められるので楽しいですものね。

 

このアドバイスをお聞きして、なんだか色褪せて見えていた日常が「ブログに書いておきたい」ネタの宝庫になってきました。

 

これなら、毎日が楽しいぞぉ!!!

 

ブログ会後のティータイムで何気に話したことが、「それ、ネタになりますよ~♪」と即メモをされていた松本さん。

 

ノマド的節約術で記事になる日を楽しみしています。

 

松本さんのお仕事術③:あらゆる人間心理を想定したリンク設定

ノマド的節約術を拝見していると、「ここで、このリンクを見てみたい」と思うところに必ずリンクが設定されているんですね。

 

ついついクリックしてしまって、ノマドワールドの深みにすっかりハマってしまうんですが。

 

これも、松本さんが読者心理を先回りしてリンクを張りめぐらしているからなんですね。

 

インターネット心理学に基づいた緻密な計算たるや、本物のメンタリストに違いありません!

 

本当に、スゴイ!

 

備後ブログ会でのヒトコマ:熱く語る、松本さん。

 

記事構成~SEO対策~執筆~リンク配置設定までの過程を事細かに解説されたのは、今回が初めてのことなんだとか。

 

今回ブロガー会に参加された方だけに、教えていただけましたよ。

 

まとめ|まずは、スキマ時間の有効活用から始めてみよう

松本さんのお話をお聞きしていると、

 

  • つい見過ごしてしまうような物事にも、常にアンテナを張っていらっしゃること
  • 時間を最大限に有効活用していらっしゃること

 

が分かります。

 

小さなことに着眼できるアンテナを張るのはすぐには難しいけれど、時間の使い方は意識次第ですぐにでも実行できそう。

 

まずは、スキマ時間の過ごし方を見直してみようと思います。

 

時間の使い方が上手になれば、ブログの更新回数も大幅に改善できるはず…だと思う、たぶん。

 

おまけ|ノマド的節約術に掲載されていた記事こそ、シングルママの私がランサーズを始めたきっかけ

3年前にランサーズに登録だけはしたものの、ずっと利用することなくほぼ”放置状態”のワタクシ。

 

そんな私が、ランサーズに再度注目するきっかけになったのが、ノマド的節約術に掲載されていた吉見夏実(@NatsumiToshi)さんの記事。

 

「クラウドソーシングのランサーズで、シングルマザーが月収28万円稼いで会社員時代の2倍の年収になるまでの話」

 

ド貧乏なシングルママで、子育てしながらのハケン生活では収入も思うよう手にすることもできないまま。

 

「発達障がい児のムスメを抱えながら、毎日をどうやって生き延びていくか」だけで、精いっぱいでした。

 

仕事にも生活にも行き詰っていた時に拝見した記事は、吉見さんの実体験をもとに書かれていて、「シングルマザー=収入低い=貧困」というステレオタイプを大きく変えてくれるきっかけになりました。

 

「シングルママでも、ほんとにお金が稼げるんだ」って。

 

クラウドソーシングを利用した働き方が選択肢の一つとして増えたことは、私にとって大きな希望にもなっています。

 

「いつか会ってみたいなぁ」と思っていた念願が叶って、今年は、ライターの吉見さん、そして、「ノマド的節約術」運営者の松本さんにお会いすることができました。

 

「小さなきっかけでも、何かしらのカタチで未来に繋がってる」

 

いま心から、そう思っています。

 

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

はな

「あたしだけの働き方改革を!」と立ち上がってしまった、ちょっぴり浮世離れな四十路ママ。 極度の人見知りでおっとりなのに、たまに発する天然シニカル発言が玉にキズ。 四十路でジャニーズの魅力に目覚めた、遅咲きのジャニファンです。 趣味は500円玉貯金。ちっちゃな達成感が、たまらなく好き!