これまでも、これからも!タキツバの「夢物語」の続きをずっと待っています。

スポンサーリンク



ジャニーズアイドルの「タッキー&翼」が、今日の音楽番組出演を最後に活動休止期間に入りました。

 

今日の音楽番組で華麗なパフォーマンスを見せてくれた滝沢クンと翼クンの姿に、寂しさのあまり涙した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ビギナー安藤の私でさえも、涙ぐんで観ておりました。

 

2002年のデビュー以来、15年間ずっと応援してきていらっしゃる「スーパー安藤」さんのみなさまのお気持ち、ファン歴1年の「ビギナー安藤」の私でも痛いほど解る気がします。

 

お気に入りのアイドルグループが活動休止になるのは、とても寂しいですよね。

 

なんだか、毎日の張りあいや希望の灯がふっと消されたような気分になってしまいます。

 

「活動休止とはいえ、お気に入りのアイドルの姿が一定期間見れなくなることが、こんなにも寂しく感じるものだなんて…」

 

これまでアイドルに興味を持つことなく生きてきた、四十路ママの私。

 

今回のように「寂しい」と感じるなんて、私のこれまでの人生の中ではかなりの大事件となっています。

 

四十路ママが、なぜタキツバファンに?

私がタキツバのFCに入会したのは、わずか1年ほど前のこと。

 

四十路を越えて人生も折り返し地点となって時に、いきなり

 

はな
「タッキー&翼」のファンクラブに入ろう!

 

と思い立った、かなりの遅咲きのジャニーズファンです。

 

なので、私が「タッキー&翼」に興味を待った時には、もう滝沢クンと翼クンが2人で活動している姿を拝見する機会はないまま。

 

音楽番組で華麗に歌い踊る2人の姿を拝見できたのは、数えるほどしかありません。

 

滝沢クンと翼クンが揃ってパフォーマンスをしている姿は、ほぼ100%DVDの中でしか存じ上げていないのです。

 

”和”と”洋”のイメージの2人!一体どんなジャニーズアイドルなの?

私にとって、滝沢クンも翼クンも舞台で活躍しているイメージの方が強く、個人で活動している姿しか存じ上げていません。

 

表現者であり、演出家の顔を持ち、毎年「滝沢歌舞伎」を上演している、”和”のイメージの滝沢クン。

 

世界の先鋭トップダンサーが集う「Burn the Floor」に抜擢された経験を持つ、”洋”のイメージの翼クン。

 

ジャニーズという共通点を持ちながらも、”和”と”洋”の世界でそれぞれ活躍をしている、滝沢クンと翼クン。

 

それぞれの世界で一流パフォーマーとして、またそれぞれが人気俳優としても、第一線で活躍しているとなれば、四十路ママの私が興味を持つのは当然のことかと思います。

 

そのうち、

 

はな
そんな2人が組んでるタキツバって、いったいどんなアイドルなのかしら…

 

という興味もわいてきます。

 

その好奇心に背中を押されるように、タキツバのFCに入会していました。

 

四十路になっても、興味を持ったことに走り出せる元気は、まだまだ残っているようです….。

 

活動休止は想定外だったけど、これからも「夢物語」を見せてほしい

本音を言えば、

 

はな
今年こそ、ライブが開催されたり、アルバムが発売されたりするかもしれないわ!

 

と、15周年を迎えたタッキー&翼の今年の活動にとても期待をしていました。

 

でも、今後のタキツバのパフォーマンスが一層輝くのなら、今回の休止期間は、アーティストとして、また表現者として、大切な期間となります。

 

滝沢クンも、翼クンも、「この選択が間違ってなかったと思えるように、これからも成長をしていきたい」とコメントしています。

 

だから、今回の活動休止に、ガッカリしたり、寂しがったりする必要はないのかもしれません。

 

未来を見据えた前向きな休止期間は、タキツバの「夢物語」の大切な一章になるはず。

 

いままでも、そしてこれからも、タキツバの「夢物語」は続いていくと信じています。

 

タキツバお休み中は、滝沢クンの活躍、翼クンの活躍、それぞれを楽しむことにして、また2人が揃って”タキツバ”の活動を再開する日を待ち続けたいと思います。

 

 

<画像提供元: ぱくたそ>

 

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

はな

ライター、翻訳家、時々ブロガー。フリーランスをハケンでのパラレルワークを楽しむ、ちょっぴり浮世離れな四十路ママ。 おっとりな人見知りなのに、たまに何気に発する天然シニカル発言が玉にキズ。 四十路でジャニーズの魅力に目覚めた、遅咲きのジャニファン。 趣味は500円玉貯金。ちっちゃな達成感がたまらなく好き!←有名雑誌に掲載されましたヾ( 〃∇〃)ツ ♪。